毎日、子どもたちと一緒に生活をする保育者です。
学校の先生と父母との中間のような存在です。
いつも指導員3人で保育をしています。
(夏休みなどの長期休暇中は適宜増員します)


指導員は、子ども達の成長を見通した保育の年間プログラムを考え、毎日の生活の中で、子どもたちが考えたり、遊んだり、仲間を作ったりという活動を継続してサポートしています。

また、この小学校の時期に子ども達が成長し、自立していくきっかけを作ることも指導員の大切な役割になっています。



指導員と子ども達とは、独特のきずなで結ばれています。

小学校を卒業して中学生になった子ども達が、何となく親にも先生にも相談しにくいことを、指導員にぼそぼそと話しにやってくる、そんな光景が時おり見られます。

学童保育所は、子ども達にとって、何ともいえない居場所でもあるのです。

【所在地】

 ・住所:大阪市東住吉区北田辺4-21-15(北田辺商店街内)

 ・TEL&FAX:06-4301-2580